うんこたんと仮想通貨

仮想通貨にみた夢と絶望 仮想通貨バブルと暴落 コインチェック事件まで

こんにちは魁人(@kaito_vs)です。

2018年1月は、仮想通貨バブルからの大暴落そしてコインチェックのNEM盗難事件まで、なんとも波瀾万丈な一ヶ月でした。
投資経験の浅い僕は、仮想通貨で夢をみて、そして仮想通貨に絶望、という仮想通貨に振り回された一ヶ月となりました。

結論から言えば、

「仮想通貨なんかで夢をみず、本業に力を入れてしっかり結果出せよ!」

ということですね。

2017年12月からの仮想通貨バブルと2018年1月の大暴落、そして先日のコインチェックハッキングまでの流れを振り返ってみましょう。

仮想通貨に夢をみたお正月2018

2017年12月中旬から2018年1月正月頃にかけてまで、アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨が爆上げしていました。
リップルはこの一ヶ月で10倍上の伸びを見せました。

このあと一度、リップルは400円をタッチしました。

 

僕の資産も爆上げしていて。
25万円の原資が150万円まで増えていました。
たった一ヶ月で、資産6倍ですよ。これは夢をみますわ。

「2月には1千万円になっちゃうんじゃないか」

なんて妄想をしてました。

ただその反面、仮想通貨投資の危険性と僕自身の仮想通貨に対する情報不足にリスクを感じ、投資の勉強をはじめました。

投資の先輩、@Hoc0088 さんのブログ読んだり、他の仮想通貨ブログを読み漁りました。
それと、昔買って途中までしか読んでなかったこの本をもう一度読み直しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。] 投資苑【2500円以上送料無料】
価格:6264円(税込、送料無料) (2018/1/28時点)

このときは、仮想通貨のリスクを感じつつも資産があったので、気持ち的に余裕のあるツイート(笑

仮想通貨暴落 資産は最高時の半分以下に・・・

勉強をはじめたタイミングはすでに遅く、仮想通貨の暴落は目の間に迫っていました。
僕がもし、チャートを読めていれば、仮想通貨が半分になる前に一旦利確して逃げていたでしょう。
結果論ですが、ビットコインは12月中旬の最高値からずっと下降トレンドだし、リップルも1月上旬に400円をタッチしていてから下降トレンドが続いていました。

でも、

「どこかで反発があるだろう」

と高をくくってみていたら、日に日に資産が減っていきます。
そして、きたる2018年1月17日の大暴落
理由は各国の仮想通貨規制だなんだと言われていますが、ツイッターで情報収集していたら、毎年1月に大暴落が起きていました。

このあと、反発したものの、ジリジリと下降トレンドは続いていました。
どこかで、上昇トレンドに向かうものと期待しつつ、仮想通貨を円やドルに変えることもせずに、そのままにしていました。
資産は、最高値から比べると半分以下に・・・。

コインチェックから580億円分のNEMが盗まれた!!

そして、ダメ押しのコインチェックの事件が起きました。
僕が仮想通貨をはじめる切っ掛けになった取引所コインチェックがハッキングされて、580億円分のNEMが盗まれました。
で、その当時僕がコインチェックに入れていた資金は、ビットコインとリップルのみ。

「NEMが盗まれても関係ない?」

そんなわけがない。
いまのところ、コインチェックに預けた資産は円も他のコインも全て凍結されており、引き出すことが出来ません。
最悪は、コインチェックにある全資産が返ってこない可能性があります。

※コインチェックの取引は再開し、出金もかのうとなりました。(2018年3月)

仮想通貨のトレンドがそろそろ底をうち反転か、と思われていたところにトドメの大事件です。

「ヤバイよ!ヤバイよ!!」

って、感じの方は僕だけではなくて、日本には100万人くらいいるのではないでしょうか。

記者会見をご覧になるとわかりますが、コインチェックのセキュリティに問題があったようです。
この日は、ホント眠れませんでした。
最悪、コインチェックにある資産はなくなるものだと覚悟しました。

記者会見の翌日、Nem保有していたユーザーに円で返却されることが発表されました。
会社を潰して逃げなかっただけ、良い対応だと思います。
しかし、まだコインチェックにあるお金を送金することは出来ません。しばらく出金できない気がしています。

コインチェックが不正送金されたNEMを保有者約26万人全員に日本円で返金

資産分散していたので助かった

実は、僕のコインチェック内の資産は10万円程度でした。
元々20万円くらいだったのが、暴落して半分になったのもありますが、資産の8割は海外の取引所に移動していたんです。
たかが10万でも眠れないというのは、金額の問題ではなくて、去年のてるみくらぶや最近起きたハレノヒの被害者と同じ状況になっている自分にちょっとビックリしていたからです。
ほんと他人事だと思っていたら、自分が当事者になってしまうとは・・・。

1月の暴落がはじまってから、アルトコインの上昇もみこめなくなっていたので、草コインと呼ばれる100円以下のコインを海外の取引所で買い漁っていたので、コインチェックにはほとんどお金を残していなかったんです。
しかし、海外の取引所では円への両替が出来ないので、コインチェックなり日本の取引所は必要になります。
ただ、コインチェックは手数料がすごく高いので、ZaifbitFlyerGMOコインなど口座開設も手続きしていて、今度のテト休みに帰国した時まとめて口座開設できると思っていたら、コインチェックの事件に巻き込まれたのでした。

資産管理の重要性とリスク分散を改めて実感した事件でしたね。

仮想通貨はハードウェアウォレットで保管しましょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧




カテゴリー

新着記事

Twitter でフォロー